World

創作のモト、夢奥世界の現象や種族あれこれ…


☆景色や現象

[惑星海] 眠りのこころの闇の奥にある?らしい、記憶と印象の海。

[泡の星] 海に浮遊する大小の泡のなかに、様々な小世界が…

星は崩れて砂とたまったり、その砂からまたうまれたり するようす。

[浮き島] 星が崩れて 残った島。浮遊、融合や分解 するらしき。

[とおひろ] 夢の奥海の高みにある、光照らす雲の原。光で記す図書館があるそうな?

[ねむそこ] 夢の奥海の底にある、闇広がる廣野。犬先生の兄姉弟妹わんさか!

[出入り口] ヘンテコ世界への出入り口は、古代よりは減ったながら 未だちらほら ある?そうな…


☆種族

[ゆめみびと] 夢を見る中 夢の奥へ迷い込んだ人々。

[獣仙] 魔法使いの中で、特に獣人サン方を指す。でも犬先生がたは別枠。なんでだろう。

[魔法使い] 一人一種族と言うほど、それぞれ様々な姿と能力を備えている。

人間の世界が住みずらくなったので、希望者だけじわじわとお引越ししているらしい。

魔物と恐れられるもの、畏怖と恩恵のオカタ、癒し手に詳細不明までと色々。

[魔法人形] 魔法使いの作った人形。体パーツやコアの魔石選びは、こだわりどころ。

[竜] 惑星の海を遊泳し、守り戦い、気に入った星に竜宮をお造りになるそうな。

[翼使] とおひろ・ねむそこの2派がおり、伝令や魂の運び手として飛びまわる。

それが底と高みをめぐる風の流れの一つに なるらしい。ねむそこ派はカァと鳴く。

とおひろ派の象徴は 純白のたなびく旗、ねむそこ派は 鈍色のカンテラ(魂を収納)。

[かげ、イメ]どこで生まれたか 果てたか、大小の姿で彷徨うもの。

渦巻く煙のような体の中心にある眼は あらゆるものを見、また 何も見ていない。

放っておくと巨大な悪夢になってしまうので、翼使がせっせと日々運んでいる。