Charaず

夢の奥の、へんてこな住人たち。


【犬先生】神出鬼没の飄々大魔法使い。某黒犬どのの憧れコスプレ的姿だが、本当の姿は謎。

数え切れない程のきょうだいやけんぞくが存在するらしい。好きなものはカニと混沌、苦手なものは塩と洗剤。

【ラクシャさん】生真面目白犬にいさん。ココロ世界のあらゆる事象の記録を管理している。犬先生の半身?

好きなものは澄んだ風と青空、困ったものは長時間勤務による腰痛。

【てん】一人前になるために駆け回る、みにっこ動物。

すきなものはごちそうと野原で昼寝、苦手なのは真夜中のといれ。

【ヒト君】ココロ世界では珍しい、普通の人間姿の子。

すきなものはうどん、苦手なものはハードな運動。

【アムソール博士】珍しい白い蜥蜴人(とかげびと)の流浪先生。かなりのご長寿。彼のフィールドワークがラクシャさんの管理する記録の基礎に。すきなものは新芽、少し不安なのは毎回の脱皮。

【ホシクイ/ミュー】惑星海を、星をのみつつ泳ぎわたる巨体の竜魚。

活動期と休眠期があるらしく、時には小箱を持つ羽衣の童子として出現する。

すきなものは甘くて風変わりな菓子、苦手なものは休眠期の捕獲。

【レンマ&センマ】きぐるみを着た旅双子ねこ(らしきもの)。

レンマ(黒)の宝ものはわけありの眼鏡、センマ(白)はわけありの魚のぬいぐるみ。

【ラタル】犬先生の兄が創った、魔法人形。核石は小鳥姿の精霊の魂。

すきなものはあるじと魔石収集、気になるものはへんてこ衣装。(現在は小遊星・ラタルニアに)

【カドラ】ラタルよりしっかりした、弟分?の魔法人形。核石は天域の奏者。

すきなものは世界一人旅、少し大変なのは鳥の群れになつかれること。

【ナラク】自他に厳しい、魔法人形修理工房の管理者。核石は魔域の竜王の一人の心臓。

得意なことは数式各種、苦手なことは応用とギャグ。

【シグンさん】静かな情熱を内に秘めた、黒狼の獣仙。

夜毎に荒ぶる何かを鎮めるため暗躍するが、裏方すぎてお話にはあまり出てこない。

すきなものは月と静けさ、戸惑ってしまうのは褒められたとき。

【コンさん】鬼市めぐりが好きな、赤い獣仙。新しい丹薬を練る事(→しっぱいスパーク)と大食が日課。

すきなものは金製のもの、苦手はメモ巻物の片付け。

【ツキトさん】半分くらい透けた人。ヒトくんの家に間借り中。すきなものは散歩、苦手は太陽の光と電子機器の操作。

【ぺるるさん】紫しましま生物。実は、イメという儚いものたちの街。

すきなものは友達のフイくん、苦手は目覚まし時計の音。

【ルメさん】空飛ぶ家を自作した魔女っこ。自然と魔法豊かな村で生まれ育った。

好物は味噌汁、苦手は髪型のせっと。

【カオンさん】弱気気味の変身獣人。ココロに別人格の「ブラン」と、獣の魂「ローホ」がいる。

好きなものは大根、苦手は雷。

【ゲンマさん】陽気で勉強家な植物人。頭の花は右が「アリー」、左が「ウーム」。好きなものはカレー、苦手なのは草食の動物。

【ダイモさん】炎の魔物おじさん。ルメさん(とカオン)の熱血コーチ。

好きなのは金属のピザ、苦手は水気とイケイケ冒険者。

【ヒュドールさん】めらんこりっく水蛇巨人おじさん。しばしば考え込んでは部屋を凍てつかせる。

好きなものは水中で咲く花、苦手なのは陸での動きと乾燥。

【黒茶さん】へっぽこ剣士いぬ獣人。素朴で純情、ちょっと臆病。

好きなものはごはんと仔犬姿でのかけっこ、苦手は毅然とした決め台詞。

【おひめくん】仕えた国の姫を守るため、代わりに竜と融合した。でも姫衣装はエンジョイしている。

本名は「スキューロ」。好きなものは新衣装考案と歌、苦手は歌と魔法を使わない運動。

【ポルタさん】頭に生きる扉を乗せた、夢世界の散歩っこ。元は捨てられた落書きだった。

のちに様々な夢奥人物のモトとなる。

好きなのは鳥と扉とソマさん、ちょっと苦手なのは暗がりの道。

【ソマさん】双頭の白犬さん。元は扉のノッカーだったらしい。大好きなのはポルタくん、苦手なのは扉魔のゾロイさん。

【エールカさん】語尾が不思議で、足元には何処にも草が生える。蛹を経て、扉の翼をもつ成体になった。

好きなのはごろごろすることと花への水遣り、苦手は飛行からの着陸。

【ライオさん】小遊星ラタルニア出身。おなかに異次元風収納と若芽色の結晶が。ラタルに出会うのが夢の研究熱心君。

憧れるものはラタル、懸念はおなかの蓋の耐久性。

【オドさん】柔らか長い半水棲動物で、ライオになつく甘えん坊。

好きなものは清らかな川や大海での水泳、苦手なのは閉所、高所、暗所。

【シェムナスザルさん】自らの容姿と夢のつまみ食いをこよなく愛する、魔域の2角獣。犬先生のきょうだいの1頭。

すきなものは自分の姿、美味な珍味、走ること、苦手なのは犬先生のドッキリ トラップ魔法。

【ネクトルさん】ラタルニア三賢者の幽邃な一。おなかに無数の宇宙的結晶が。

心血を注いで基礎を作った星を守るあまりに、ちと冷酷になることも。好きなのは水辺の生き物、苦手なのは爆音。

【カイネンさん】ラタルニア三賢者の情熱的な一。おなかにお菓子作りにも便利な炉が。貴族気質+ちょっぴり中○病。

好きなのは紅茶と勝利、苦手は虫歯と助けを頼むこと。

【セーネさん】ラタルニア三賢者の お気楽な一。おなかに古代の風楽器が。雲に乗り、残念な伝令役として飛びまわる。

好きなのは作詞作曲、困るのはスランプと自分の戦闘向きではない能力。

【ツモルくん】翼使見習いのお茶汲み上手。元は置き去りのくまのぬいぐるみだった。好きなのは新しいお茶を考案すること、苦手はぴっちりお片づけ。

【ハチさん】わふわふ頑健な筋肉いぬ獣人。命の恩人のツモルを過剰に守りつつ日々をともに過ごす。

だいすきなのはツモルと早起き、苦手は手先の器用さを求められる作業と魔法。

【ノットさん】青色にこだわる魔法幽霊さん。もとは雲上の陽の翼使だが、青い魔物に会いたくて堕雲した。

好きなのは魔物カンテリオスと自作の帽子、苦手は我にかえりそうな瞬間。

【ハルシタさん】シャイでクレイジーな有毒生物。夢と何処か?を繋ぐという、「うら橋」の住人。

好きなのはフォルク先生と巨大な橋をそぞろ歩くこと、苦手は魅惑的な宣伝文。

【レミンさん】みに等身で力持ちな現・驢馬獣人。元は線路を疾走し続ける都市の技師だった。

好きなのは力仕事と蜜柑、苦手は後悔と熱い食べ物。

【フォルクさん】物静かな豹紋仙犬。旅人の心の獣を呼び、姿を変えるか旅守りを作る。

好きなのは乾燥した骨、苦手は満月の夜に変身したときの記憶の欠落。